FC2ブログ

あさひこ幼稚園の毎日

あさひこ幼稚園のブログです。

雨、そして聾学校にて

今日は雨。
プール開きの予定でしたが、残念ながらプールは中止に。

楽しみにしていた年長さん、プールができなくても諦めない。
朝から自分たちで水着に着替え、水着のままお部屋で遊んでいました。
そして、一瞬の晴れ間を見逃さず、外で水遊びをしていました。
諦めない子たちだ・・・!
大変よいです。

567463.jpg

その後着替えたのに、また給食後には水着になって、そのまま園内をうろうろ遊んでいましたが。

年中さんは、かわいいアクセサリー屋さんを開いていました。

567457.jpg

指輪も

567458.jpg

イヤリングも♪
耳にセロハンテープで直付けだけど…

567461.jpg

ん?年中トイレ。
なにやってるのかな?

567462.jpg

どうやら、トイレで遊んでいて、トイレットペーパーを大量に便器に詰め、水があふれてしまったようです笑
いろいろ、試すなぁ~笑

「大変なことになっちゃった…」と、先生と一緒に、自分たちでお掃除して、直していました。
ま、自分でやったことですから、がんばって♪

雨の幼稚園、いろいろあって、おもしろいですよ!

そうそう、今日は岡崎聾学校の学校公開にも行ってきました。
初めて、聾学校に行ったのですが、とても勉強になりました。
いろいろ教えていただき勉強になったのですが、一番思ったことを。
それは、難聴であることで、「不安」になってしまうと、生活も、勉強もままならない。
だから、聾学校の先生は、子ども一人ひとりが安心できるよう、しっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を結ぶことを大事にしている、ということ。
幼稚部も、小学部も、実際に見せていただきましたが、先生たちがとてもしっかりていねいに子どもたちと接していて、すごくいいなと思いました。

たまに岡崎の公立小学校で「なんでそんなに管理教育なの?」「なんで先生が高圧的なの?」と驚いてしまう時があります。
ハッキリ言うと疑問を感じること、もっというと憤りを感じることすらあります。

そんな中、今日は聾学校の先生、そしてそこで、とても楽しく幸せそうに授業を受けている子どもたちの姿を見て、改めて
「障害の有無とは関わりなく、教育とは、子ども一人ひとり異なる心を受けとめ、そんな信頼関係、安心感の元になされるべきだ」
ということを再確認いたしました。
子どもに対し、威圧的に管理してばかりの教員は、猛省すべきです。
僕も、改めて身を引き締めていこうと思わされる、いい機会となりました。
ご招待いただいた岡崎聾学校の皆様、ありがとうございました!

園長
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asahikokids.blog.fc2.com/tb.php/1125-6604869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad