FC2ブログ

あさひこ幼稚園の毎日

あさひこ幼稚園のブログです。

STAY HOME その意味。

みなさん、お元気ですか。
園長です。

今から書く文章は、僕の個人的な思いです。
幼稚園のブログに書いていいものかどうか、悩みましたが、できるだけ多くの方に、正直な思いを伝えようと思います。

なかなか、コロナウイルス収束の気配が見えないまま、ゴールデンウィークになってしまいました。
春のいい天気が続くと、「ああ、この園庭でこどもたちが遊んでいたら、いいのになぁ」と、つい、思ってしまいます。
早く、幼稚園を通常通りに再開させたいですね。
そのためには、コロナウイルスの感染拡大を、とにかくみんなでがんばって止めるしかない、と思っています。

そのために、皆さん、各ご家庭で、緊急事態宣言を受け、外出や移動を自粛し、過ごされていることだと思います。そのことは、園にいてもひしひしと感じますし、疑いようもありません。
しかし、僕は、正直に言って、まだ、不安になってしまうのです。

たとえば、北斗台の公園を見ると、時間帯によっては、卒園生を含む子どもたちがいっぱいです。
もちろん、公園で遊ぶのが悪いことだとは思いません。
適切な距離を保って遊ぶことができれば、外で遊ぶことも、運動も、必要なことです。
ただ、ソーシャルディスタンス(おおよそ2m以上の距離)をとるのも、子どもだけで遊んでいると、難しいのでしょう。
中学生くらいの子でも、ぴったりとくっついて遊んでいます。

それは、普段なら、全然問題のないことです。
むしろ、公園で、いろいろな年齢の子が、体を寄せ合うように外遊びをしているなんて、見ているほうも笑顔になってしまうような光景ですし、子どもたちの発達、育ちのためにも、通常であれば推奨したい遊びの姿です。

しかし、今は「絶対に避けたほうがいい状況」だと思っています。
外で遊ぶ時も、「普段とは違う状況なんだよ」ということを、あらかじめしっかりと子どもたちに伝えたり、保護者が一緒について教えてあげたりしたいものだな、と思います。
(他にも、親子でスーパーにお買い物、だとか、普段なら是非お勧めしたいけど、今は避けたほうがいいことというのが、たくさんあると思います)

また、ゴールデンウィークということで、「出かけたい」という話もちらほら耳にします。
「車で人のいない山にならいいかな」
「キャンプや潮干狩りなら」
「ちょっとバイクでツーリングなら」
「県内ならいいよね」
というような話も。
しかし、愛知県における緊急事態宣言の中身というのは、以下のようになっています。

-----
1 生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出、移動の自粛を強く要請する。
2 やむを得ず外出する場合でも、「密閉」「密集」「密接」を避ける行動を徹底することを強く要請する。
3 県民の日常生活の維持に必要な事業活動については、感染防止対策に留意の上、継続を要請する。 
-----

「生活の維持に必要な場合を除き、不要不急の外出、移動の自粛を強く要請」
なのです。

今回のウイルスの最も厄介な特性のひとつは、
「何の症状が出なくても、感染して人にうつす場合がある」
「熱などの症状が出る1-2日前が、一番感染力が強い」
とも言われていることです。
これは、無症状でも、相手に感染させる可能性があるということです。
そして、それは誰にでも起こるかもしれない、ということです。

だから、外出や移動を自粛することに重要な意味があります。
「誰かからうつらないようにする」
という考えではなく
「自分がすでに(症状がなくても)感染しているかもしれないから、誰かにうつさないように行動する」
という考えで行動しなくては、感染拡大を防ぐことはできません。

この連休は、とにかく、みんなで、家にいるようにしましょう。
出かけるなら、徒歩の範囲で、人のいないところに。
人のいない自然の中になら遠出しても・・・と思う気持ちもわかりますが、しかし、そうやって自覚のないまま田舎に感染が広がってしまうのです。
そして、みんなが車で出かけたら、その分、交通事故も増えます。
事故の処理で警察がきたり、怪我して病院にいくと、感染リスクは高まります。
移動の自粛、というのは、「3密でなければ大丈夫」という意味ではないと思います。

また、今は病院・医療現場が大変なことになっていて、「医療崩壊」が起こる可能性もあります。
このまま病院にコロナ感染の人が増えていくと、入院する場所も足りなくなります。
器具も足りなくなるかもしれません。
消毒も不足するかもしれません。
病院で働く人が感染すると、その病院が使えなくなるかもしれません。

そうすると、コロナ感染者はもちろん、コロナじゃない大きな病気と戦っている方も、手術ができなかったり、必要な措置ができなかったり、入院できなかったりして、亡くなってしまうかもしれないのです。

みなさんのまわりにも、病気を持っている方がいませんか?
または、いたことがあると思います。
おじいちゃん、おばあちゃん、友達。
そういう方が、治療できないようになり、亡くなってしまうのは、絶対に避けたいと思います。

だから、怪我して病院にいったり、車で事故をするリスクも、できるだけ減らす。
そこまで含んだ緊急事態宣言だと思います。
健康で元気なら、出かけたいし、友達と遊びたくはなります。
しかし、今しばらくは我慢して、別のことをやりましょう。
とにかく、家にいましょう。
逆に考えれば、家にいるだけで、「日本を、世界を、人類を守れるヒーロー」だとも言えます。
コロナを抑えて、交通事故も減らし、いろんな人を守れるのです。
お子さんに、そう伝えるのもいいと思います。
今、家にいるってことがどれだけ大切なことか。素晴らしいことか。

家での遊びや、家族だけで過ごす時間を「期間限定で豊富に与えられた貴重な時間」と前向きにとらえるのも、いいと思います。
例えば、こどもと工作をしたり、一緒にご飯を作ったり、庭があれば、庭で飯ごうを焚いたり、鍋したり、「家キャンプ」をやるのも、子どもたちはとっても喜ぶでしょう。
部屋にテントを出すのもいいですね。
雨の日は、ちょっとした遊び…例えば、家の天井から紙テープを吊るし、ジャンプして届いたら紙を1センチ切り、少しずつ高くしていって、ジャンプ力を高める修行!など、普段はやらないような遊びを工夫すれば、いろいろなことができそうです。
そういうことをやる時間が与えられたと思って、楽しめたら一番だと思います。

「ちょっとだけなら出かけてもいいよね?」
と、思う気持ちもわかります。
しかし、きっと世界のどこでも、そう思って、「まさか自分は大丈夫だろう」と思って、そうやって、このウイルスは大流行しているのです。
人間が「流行させている」のです。
それを止めるには、「みんなでやる」しかないのです。
期間が長くなると、つらいことも増えてくるかもしれませんし、気がゆるんだり、油断したりもします。
でも、「みんな」で、「できるだけ」を地道にきちんとやっていくこと、その積み重ねが、「当たり前の日常」「触れ合って遊べる子どもたち」を取り返す、最も近道であることは間違いないのです。

だから、みんな、単純に。
我慢するところは、我慢して。
新しい楽しみを見つけて。
「家にいましょう」。

※愛知県のHPより
-----
「あいちの買い物ルールのお願い」
・県民の皆様へ
(1) 少人数(できるだけ一人又は必要最小限の家族のみで)
(2) 短時間(買い物メモを準備し滞在時間を短縮する)
(3) 咳エチケット等の徹底(必ずマスク着用・手洗い・入店前後の消毒を)
(4) 混雑時を避ける(すいている時間に、人との距離をあけて)
(5) 買いだめや買い急ぎはしない(必要な分だけ買うように)
(6) 毎日の利用はしない(2~3日に1回の計画的な利用を)
-----

最後になりますが、これはごく個人的なことです。
僕には、今まさに、大きな病気と戦っている友人がいます。
医療の圧迫は、本当に、生死を分かつかもしれない事柄です。
通院・入院をせざるを得ない方、ハイリスクな方からすれば、コロナの流行拡大は、本当に恐ろしいことです。
(感染そのものも、医療の圧迫も)
僕は、僕のできることで、彼の力になりたいと強く強く思います。
感染拡大を、止めたいのです。

おそらくは、世界中で、そのような方がいて、それを思う方がいる。
僕の行動も、だれの行動も、この世界のありとあらゆるところに、確かに「関係」しているのです。
感染拡大を本気で止めたいと思っています。
この世のあらゆる人の命を守るために。

どうか、みなさんも、直接、身近ではないかもしれないけれど、一生懸命、生きようとする命を想って…
一緒に、感染拡大を、止めましょう。
これは、僕からの「お願い」です。

どうか、よろしくお願いいたします。

園長

いつもと同じ

今日もいい天気ですね。
ちょっと今日は、新型コロナ関係+通常の年度末業務で多忙を極めておりまして、ほぼ一歩も職員室を出ておらず、写真がありません。すみません。

さて、このブログを読んでいただいている皆様に、少しお伝えしたいことがあります。

昨日、他園の保護者の方から
「新型コロナウイルス関係の、あさひこ幼稚園の対応はとてもいい。うちの園もそうしてほしい」
というようなご意見が出ているという話を伺いました。
対応がいいと言っていただけるのは、もちろんとてもありがたいし、嬉しいお話なのですが…

しかし、この状況下で、どのように判断し対応するのが「本当にいい対応=正解」なのかは、正直言って、僕にもわかりません。

どの幼稚園も、限られた情報しかない中で、真剣に考え、悩み、難しい中で判断し、休園にしたり、自由登園にしたりしています。

あさひこ幼稚園は自由登園としましたが、もし、新型コロナが園内で感染したら、その対応は「結果論で」失敗ということになり、多くの方に責められることになるでしょう。
(結果論で責めることは誰にでもできます)

あさひこ幼稚園から出た文書で、僕としては大事に思っている部分が、以下の箇所です。

「登園するべきか、しないべきかは幼稚園でも判断できません。どちらが正解とは思っておりませんので、どちらの判断も尊重いたします。不確定な情報しかない状況ですので、保護者同士で異なる意見があっても、そのように尊重しあっていただけるとよいと思います」

これは、幼稚園間であっても全く同様に思います。
どれが正解かはわからないのです。
どの幼稚園も、こどものため、体の弱い方や高齢者の方のため、地域のため、命のため、考えに考えた結果として、決定していると思います。
どの決定も、どうか尊重していただけたらと思います。

(あえて言うなら、これは「どうするべきなのか、具体的な根拠はなんなのか」がほぼ全く示されないままにこのように要請が出され、無責任に「あとは幼稚園の判断に任せる」としている、この国の政治の問題だと思います。
どうか、各幼稚園を責めないでください。
おおもとの、政治について調べてみてください。そして次の選挙は必ず行きましょう…!)

こんな状況だからこそ、今は日本中のみんなで、冷静になりましょう。
トイレットペーパーをいつもより多く買う必要はありません。
マスクも、アルコール消毒も、オムツも、必要以上、大量に持っている必要はないのです。
どうすればいいのか、自分で考えましょう。
自分たちだけがよければいい、ではなく、助けあいましょう。
協力をしましょう。争わないでおきましょう。
自分とは考えの違う人を、責めないようにしましょう。
お互いを尊重することが必要です。

それが、いつもと同じ、
「こどもたちには、そんなふうに育ってほしい」
という、あさひこ幼稚園の目指す幼児教育です。

どんな状況でも、そうしていきたいなと思います。

それでは、また明日!

園長

「PTAつうしん かけはし 第3号」


先日配布した「PTAつうしん かけはし 第3号」ですが…
配布版は白黒なのですが、元データはすごく綺麗にカラーで作られており、モノクロだけではなんとももったいない…
ということで、PTA会報係さんの希望もあり、ブログに写真データで掲載することになりました。

写真をクリックし、拡大してご覧ください!

かけはし③-1

かけはし③-2

かけはし③-3

かけはし③-4

かけはし③-5

ちなみに本人としては、「恥ずかしくはないけど照れくさい」という感じです…

ただもうすごく丁寧に内容をまとめてレイアウトしていただけた会報さんには、感謝あるのみです!
ありがとうございました!

園長

海上の森アカデミー「森の自然教育コース」

去年に引き続き、園長が、以下の愛知県事業の講師を勤めさせていただくことになりました。

海上の森アカデミー「森の自然教育コース」

第1回 5月11日(土曜日) 自然教育の現場のはなし が僕の番です。

まわりに興味のある方がみえましたら、どうぞお伝えください♪

園長

缶バッジ♪

先日の卒園式で、保護者の方の会社「芙蓉合同会社」様より、「3年間とてもお世話になったのでぜひ」というありがたいご提案をいただき、卒園記念品として「缶バッジ」をいただきました。
とてもたくさんいただいたので、卒園式はもちろん、在園児にも一人ひとつ、配布させていただきました。(バリエーションが全20種あります!今回はクラスカラーに準拠したものを配布しました)

そのときの様子を、ブログに書いていただきましたので、こちらでも紹介いたします。

「UCANBADGE」

個人的にはとても気に入っている缶バッジです…(自分でデザインしたのであたりまえなんですが…笑)

122078.jpg 

すごくお得に、かつハイクオリティな各種缶バッジ(いろんな形や止め方が!ストラップやミラーまで)を作れるということを知ってしまいましたので、来年度以降、バザーやプレゼントなどでも作ろうと画策しております…!

芙蓉合同会社様、今回はどうもありがとうございました!

園長